真和中学・高等学校ホームページ
HOME 中学校 高等学校  交通案内   よくある質問   サイトマップ   お問い合わせ
     ホーム > 合格体験記
ホーム

  合格体験記


 

A.Fさん(平成28年度卒業 52期生 真和中学校出身)
熊本大学医学部医学科 合格

「定期試験が受験につながる」


 六年間の真和での生活、そして受験期を終えて皆さんに伝えたいことを学年ごとに分けて書きたいと思います。科目ごとの勉強法は人それぞれ自分に合うものは違うと思うので、ここでは受験に向けた心構えを主に書きます。
1
1の皆さんにやってほしいことは、勉強はもちろんのことですが、それ以外の経験を積むことです。部活やボランティア、なんでも良いので、勉強以外のことにも目を向けてほしいです。課外活動をするようになると忙しくなり、勉強時間は減りますが、短い時間で集中し要領良く勉強する方法が身につきます。これは時間がない受験期にとても役立ちます。また、課外活動をすることは良い経験になるだけでなく、自分の積極性を示せるという点で入試においても必ず有利に働きます。なので、自分の進路が決まったら、それに関連する課外活動もやっておくと良いと思います。(例えば、教育学部に行きたい人は、子どもと関わるボランティアをする
)
志望学部や志望校も早めに決める方が良いです。さらに志望校が決まったら、受験本番まで出来るだけそれを変えないことが大事だと思います。目標が変わると、モチベーションが下がることがあるからです。そして、定期考査に対しては、全力で取り組んでください。高1(真和中の人は中3から)からの定期考査への勉強は全て受験勉強と等しいです。定期考査で点が取れないところは苦手分野ですので、絶対にほったらかしにせず、苦手分野をなくしていってください。また、評定の高さが自分の進路の選択肢を広げることも忘れないでください。

2
2の皆さんは、受験までの時間が短いと焦る人、まだ大丈夫だと緩む人のどちらかに分かれるのではないかと思います。私は皆さんに、是非焦ってもらいたいと思います。高3のセンター試験間際、私を含め多くの人が、あと1ヶ月あれば、あと3ヶ月あれば、と口にしていました。現役生はとにかく時間がありません。受験にフライングは存在しないと言いますが、まさにその通りで、今のうちから受験を意識した勉強をしておけば、後の自分の負担を減らすことができます。

3
私は推薦入試で合格したので、センター試験と面接のことまで書きます。

3の皆さんは、ついに自分も受験生になったと緊張感に包まれているのではないかと思います。これからきつい思いをするかもしれませんが、1年間は本当にすぐに終わるので、きついのもあっという間に終わります。頑張り抜いてください。高3になり、定期考査に対してどのくらい力を注げばいいか分からない人がいるかもしれませんが、定期考査に対しては、最後まで変わらず全力で取り組んでください。また、これから多くの模試を受けていくと思いますが、やり直しはスピード勝負だと思ってすぐにやってください。サボるとすぐにたまっていき、手がつけられなくなります。また、模試の結果に一喜一憂しすぎるのも良くありません。判定や順位ではなく、自分が間違えた問題に注目してください。センター試験についてですが、私が最も大事だと思うのは、苦手教科、苦手分野をいかに少なくするかということです。どうしても得意教科の点数を見て安心してしまいがちですが、大事なのは、苦手教科を伸ばすことにあります。センター試験は総合点での勝負です。夏休みは苦手克服の絶好のチャンスなので、逃げずに頑張りましょう。
入試に志望理由書を必要とする人は、秋頃までに仕上げておくと後が楽です。志望理由書を書くポイントは先生に尋ねたり、本やネットで調べると分かります。面接の練習は必ず一回は先生にお願いしてやってもらいましょう。どのような質問がされるのか、過去問を見て研究し、過去問に対しては必ず答えられるようにしましょう。
最後に
入試は、何が起こるか本当に分かりません。最後まで絶対に諦めないでください。みなさんの努力が良い結果に繋がることを願っています。


 S.Hさん (平成28年度卒業 52期生 真和中学校出身)
熊本大学医学部医学科 合格

「学校の授業中心の勉強を」


 これから、私が受験を経験し改めて大切だと感じたことを述べます。少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

まず、学校での勉強はとても大切です。私は中学から真和に通っていました。中学一年生の頃から医学部に行きたいと漠然と思ってはいましたが、中学の頃はただ定期テストで一位を取ることだけを目標に勉強をしていました。今思えばそのおかげで英語や数学の基礎を固めることができたので、中学の頃から頑張っていて良かったなと思います。特に英文法を中学で得意分野にしたことは高校でも大いに役立ちました。学校の定期テストは是非高得点を狙うようにしてください。

高校生になってからも定期テストで上位を取ることを目指して、学校の授業中心の勉強をしていました。独学や塾よりも、授業内容を授業中に理解し復習する方が私は効率が良いと思います。独学や塾となると、昼間のせっかくの授業時間が無駄になってしまいます。教室でクラスメートと一緒に受ける授業というのはやはり記憶に残りやすいものです。学校の授業は最後まで大事にしてください。

 次に、復習です。私は記憶力が悪いので、何度も何度も反復しないと覚えられませんでした。だから、教科ごとに復習ノートを作って間違えた問題を見開きの左側に、自分オリジナルの解説やポイントをその右側に書き、完全に身に付くまで何回も解くようにしていました。このノートは自分の弱点が詰まっているので試験会場に持って行くのに最適ですし、心強いお守りのようになってくれます。また、朝に前日やったことの復習をするのもおすすめです。これをするかしないかで記憶への定着度がかなり違ってきます。私は午前中のうちには前日にやったことの復習を済ませるようにしていました。

 その次に、自分に合った勉強スタイルを確立することです。私は夜遅くは眠たくて勉強が出来ないタイプでした。だから、集中して効率良く勉強をすることができる日中の時間を大切にすることを心がけるようにしました。受験期は朝早く起きて家で勉強し、授業中は寝ずに手を動かすように、また昼休みもなるべく勉強するようにしていました。そして夜は0時までには寝ていました。このように自分なりの勉強スタイルを確立し規則正しい生活を送ることは、安定した勉強時間の確保だけでなく健康・精神面の維持にも繋がったと思います。

 最後に、自分よりも頭が良い人たちの中に身を置くことです。私は高校二年生の夏から塾に通い始めました。その塾には真和の生徒はほとんどいませんでした。自習室を使うのが一番の目的で、授業は英文読解と苦手な古文だけしか取っていなかったのですが、他校の生徒が勉強している姿にはとても刺激を受けました。他校の生徒は真和の同級生たちよりも熱心に勉強していて、模試の成績も自分より上位の人が大勢いたので、真和の中で上位にいるからといって油断してはいけないという自分への戒めになりました。

 以上が私が勉強において重要だと感じたことです。参考になったでしょうか。皆さん一生に一度の学生生活を楽しみつつ、勉強も頑張ってください!応援しています。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

U.Tさん(平成28年度卒業 52期生)

愛媛大学医学部医学科 合格

「受験を楽しんだ方がいい」


私は愛媛大学医学部医学科に合格しました。私がこの受験期で頑張ったことは、部活との両立です。私は毎日、夜の8時頃までサッカー部のマネージャーとして活動していましたので、勉強時間をとることが最初とても大変に感じていました。しかし、サッカーのマネージャーは自分がしたいと思って始めたことでしたし、医者になりたいという夢を諦めたくなかったので、両立できる方法を探そうと思いました。そこで、私はとりあえず努力しようと思い、毎日部活後5時間勉強時間をとるようにしました。これを続けると、苦痛に感じる時がありました。なので、集中が続かなくなったら、家でも塾でも場所を変えたり、疲れたと思ったら、自分が一番好きだった英作文や和訳などをしました。このようにして、しっかりと勉強時間をとることを高校では努力をしました。そして逆に部活をしていたからこそ、勉強時間をしっかりととることを心がけることができましたし、部活を引退した後の受験への努力が人一倍できたと思うので、部活をしていたことも受験につながったと思います。また、私が高校の間決めていたことは、絶対に定期テストの成績を落とさないことでした定期テストを頑張ることで、推薦などをもらうことができましたし、受験で有利に立つことができました。実際に内申点が点数化される大学も多くあります。そして、定期テストは範囲が区切られているので、その範囲を毎回のテストで完璧に理解していくことを気をつけていくと、確実に受験に活かせると思います。なので、できるだけ、定期テストは暗記じゃなく、理解をして、全力で頑張ってほしいと思います。今、どこを受けようか、悩んでいる人も多くいると思います。私も、どこが自分に合うのか悩んだり、どんな入試があるのか知らなくて、全く決めることができませんでした。そういう時私は受験をよく知っている先生達に相談しました。先生方は、とても親身になって受験のことを考えていただきましたし、私の得意分野で有利に戦える受験の種類や大学を、探していただきました。今私が合格して大学にいけているのは先生のおかげだと思います。なので、もし悩んでいる人がいたら、担任の先生や、教科の先生に相談して、自分に合う大学をさがしてほしいと思います。最後に言いたいことは、受験を楽しんだ方がいいと思います!自分ができるようになることが増えていくので、解けるようになることを喜んで、楽しんだ方がいいと思います。そして、三年生は受験の年ですが、高校最後の年でもあります。高校最後の年は、高校生でしかできないことを勉強の息抜きとして、沢山したほうがいいと思います。勉強も高校生活も全てに共通して、やり残したと後悔することがないようにやり尽くしてほしいです。そして、三年生は一番クラスで一緒にいる時間が増えるので、クラスで受験を楽しんで頑張れる雰囲気づくりも大切です。私も、クラスが受験を楽しく乗り越える雰囲気があったので、受験を苦しいと感じることなく頑張れました。受験は本番は自分しか頼れませんが、受験本番まで色々な人の支えや協力をうけ、頑張ってください!最後になりましたが、今まで私は先生方や監督や家族や友達など色々な人の支えがあったからこそ、合格できたと思います。心から感謝しています!

本当にありがとうございました。


Y.Mさん(平成28年度卒業・52期生)

熊本大学薬学部薬学科 合格

「最後まであきらめない」


こんにちは。私は春から熊本大学薬学部薬学科に通っています。今回は私が受験勉強で経験したことなどをお話ししようと思います。このような文章を書き慣れていないので読みにくいかとは思いますが、少しでも在校生の皆さんの参考になれれば幸いです。

 私は高校三年生の夏まで部活動を続けていました。部活を最後まで続けるということは、周りの人と比べて勉強の時間は必然的に減ってしまうので、部活をやめて勉強に集中しようと考えている人もいるかと思います。それも一つの決断としていいと思いますが、辛いことがあっても最後まで成し遂げることはその後の受験勉強に役立つことも多いと思います。勉強ばかりでなく、たまには一息つくことも大切ですし、何よりも私自身、部活で一緒に頑張れる友達と出会い、支え合いながら受験を乗り越えられました。

 私はもともと医学部志望でした。しかし、私の成績は医学部を目指すには足りませんでした。なぜ医学部に行きたいかと考えたときに、一つとして研究をしたいという考えにたどり着きました。それなら熊大の薬学部でも同じような研究ができるのではないかと思い、志望校を変更しました。成績が足りないから夢をあきらめるのではなく、その夢を叶えるために他の道もあるのではないかと調べることも大切だと思います。

 センター試験の結果は決していいものではなく、判定もよくありませんでした。しかしそこで落ち込むのではなく、気持ちを切り替え前期試験にむけて勉強を始めました。私は前期試験が数学と理科だけだったので逆転合格を狙って毎日学校の二次試験対策授業に行きました。二次試験は各大学様々な特色があります。自分にあった受験方式を調べて選ぶことも志望校を決める一つの手段としていいと思います。前期試験を終えてからも、後期試験にむけてすぐに勉強を始めました。最後まであきらめないこと、これは本当に大切なことだと身にしみて感じました。受験後、もしかしたら受かっているかもと思うかもしれませんが、ここで頑張れないなら浪人しても頑張れないと思いますし、最後まで頑張ったことは決して無駄にはならないと思います。

そして真和高校の先生方を信じてください。先生方は受験のプロです。普段の授業を真剣に受けること、それが一番の合格への近道だと思います。私自身、授業の大切さに気づき、より真剣に受けてから成績はかなり伸びました。予習復習をしっかりすること、当たり前のようで出来ている人は多くないですし、授業をおろそかにしてまで独学を貫くのもあまりよくないと思います。

 最後に、真和高校でお世話になった先生方、友達、家族にはとても感謝しています。今の私がいるのはみなさんのおかげです。ありがとうございました。在校生のみなさんが希望としている進路に進むことができますよう願っています。

 

R.K(平成28年度卒業・52期生)

大阪大学基礎工学部化学応用科学科 合格

「何周も解く」


1、2年生のときは、志望校は決まっていなかったのですが、学校のテストに合わせて決められ範囲を完璧にしていきました。具体的には、授業で習った所をその日のうちに問題集を解き、テストまでには、何周か解くようにしていました。 私が志望校を阪大にするきっかけとなったのは、2年の夏休みに参加した東大研修です。それまでは正直、どの大学にいっても同じ学部であればそこまで変わらないだろうと考えていたのですが、大学によって研究施設や制度が全然ちがうことがわかりました。それから、大学について真剣に考えるようになり、いろいろ調べて2年生の終わり頃に阪大の基礎工学部を第一志望としました。1,2年生のうちは、オープンキャンパスやさまざまなものに参加してみた方がいいと思います。何が自分にとってプラスになるか分からないからです。考え方が変わったり、やりたいことが見つかったりするかもしれません。

 3年生の時は11月中旬までを二次試験対策として、物理は、リードαと重要問題集を、化学はセミナーと重要問題集を、英語は、ネクステ、システム英単語、標準問題精(長文)、数学は青チャートを何周も解きました。そして、解法を全て覚えてパターン化していきました。私がやって最も良かったと思う勉強法は、同じテキストを何度も解き、1冊を完璧にすることです。こうすることで、初めて見た問題でも、自分が知っている問題に置き換えて、解法がすぐに浮かんでくるようになります。ここで大事なのは、しっかりと計画を立ててやることです。終わらせたい期日を決めそこから一日何ページやると決め、あとは、自分が決めたことをひたすらやっていくだけです。こうすることで、何をしていいか分からなくならず、不安も少なくなります。そして、学校の授業が全て終わり、ある程度問題を解いてからは、大学の過去問も解いていきます。私は11月後半までに7年分解きました。

 11月後半からセンター試験までは、二次試験のことはいったん忘れて、センター型の問題だけを時間を短めに設定して解きました。

 センター試験が終わったら、自己採点をもとに受験する大学を決めなければなりません。ここではセンター試験の点数と合格最低点から、2次で必要な点数を出し、逆転幅があるのかどうかを見極めなければなりません。 

センター試験が終わってからは、過去問3年分と阪大模試10年分を解き、ひたすら本番形式に慣れていきました。本番1週間前ぐらいから、過去問と阪大模試のやり直しノートを見直し、自分はこれだけやったから大丈夫という自信と安心をつけていきました。

2次試験で大切なことは、難しいと言われる試験の中にも基本的な問題が多く含まれているので、うまく問題にのり、限られた時間の中で、解けるのと解けないのを見極め、解ける問題を確実に解き合格点までもっていくことだと思います。

 1、 2年生でまだ行きたい大学が決まってないっていう人でも、行きたい大学が見つかったときのたに、学校のテストなど、目の前にある目標に、全力で取り組んでいった方がいいと思います。大学に対してどれだけ強い思いを持ち、自分が決めたことを毎日コツコツやっていけるかだと思います。そして、試験当日、3年間やりきった、努力では誰にも負けないと自分で思えるかだと思います。

私たちは先生方や仲間、家族、本当に多くの人に支えられています。特に受験期不安になったり、焦りを感じたりするかもしれませんが、そんな時、周りの方々のサポートは、心強いものです。皆さんも、周りの人々への感謝を忘れずに、自分の目標に向かって、悔いがないように全力で頑張ってください。自分がやってきたそれまでの努力は最後に大きな自信になります。

 このたびは、受験体験談を書かせていただきありがとうございます。皆さんが、第一志望校に合格されることを願っています。

 

 

 

 

  ▲ページの先頭へ   

ホーム
 
Copyright(C) 2009- SHINWA JUNIOR SENIOR HIGHSCHOOL. All rights reserved.